「売り」を使うため、個別の信用取引ではなく、日経先物を選ぶ理由

長いタイトルになりました(笑)

現物株の買いだけでは、今のような下落局面、どうしても厳しい戦いになってしまいます

下落で利益を生み出せる 売り(ショート)の選択肢は必要だと思っています

ただ私、個別銘柄の信用取引はしません!

金利や貸株料もさる事ながら、なにより、経営者の独断で粉飾されるリスクがあり、そうなると相場観もクソも無くなってしまいます

先日も、7612 Nuts が、帳簿上は8億円の現金があるはずなのに、実際は50万円しか無かったという、ありえない事が起こったばかりです

言葉は悪いですが、こういうクソ経営者も少なからずいるのは事実

日経先物では、ある一つの企業が仮に粉飾したとしても、225分の1なので、影響は軽微で済みます

日経先物も値がさ株でフラされる事はありますが、流動性は高く、使い勝手は良いと思います

いずれにせよ、テコの原理、レバレッジがかかるので、リスク管理をおろそかにすると多大な損失を被ります。激動相場もなんとか生き残っていきましょう(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする