東証1部上場

医療機器販売が主力のメディアスホールディングス 100株保有でクオカードもらえます 1年未満1,000円 1年~3年未満2...

の記事からの解説です

よければ、リンク先の記事もご覧くださいm(__)m

ジャスダックや東証2部の企業は、東証1部にあがる為には(サッカーに例えると、J2からJ1へみたいな感じです)

2,200人以上の株主がいないといけません

会社の認知度を上げるため、CMや全国紙の新聞広告をつかうなどほとんどの会社はできません

そこで、株主優待の導入するわけです!

多少の資本コストはかかりますが、それでもCMなどの広告費よりも安価に株主数を増やせますし、株価も急騰して時価総額も跳ね上がり一石二鳥なわけです

そして、晴れて1部に昇格したら優待廃止というケースはめずらしいことではありません

優待を廃止すると大抵株価は暴落します

親切な会社?!といいますか、株主の事を考えてくれている会社は、優待廃止と同時に自己株式の取得を一緒に行ってくれて、マイルドな下げになることもあります(笑)

が、取締役会のさじ加減でいくらでも変更、廃止できるので、いつでも優待廃止リスクはあります!

そこは肝に銘じて優待ライフを楽しみましょう(^^)

2019/9現在、東証1部の企業数2,150社以上にのぼり、さすがに増えすぎて質の低下が言われている昨今、上場基準見直しが検討されているようです

かなりの企業が2部へ降格!?

今後の議論の行方を注視しているところです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする