日経先物取引はマイナスサムゲーム

参加者全員の利益の合計が、投資額より多くなる場合は「プラスサムゲーム」 同じ場合は「ゼロサムゲーム」 少なくなる場合は「マイナスサムゲーム」

マイナスサムゲームの代表格、宝くじは還元率50%、競馬などの公営ギャンブル70%、パチンコパチスロ95%、数字はおよそですが、必ず胴元が儲かるようになっています。ただ、90%台になるといわゆる「プロ」が存在しはじめます

私20代のころ、スロットで生計してた時期があり、DDT打法や1コマ目押し(約0.038秒)ができると、還元率(スロットでは機械割といいます)が5%以上あがる時代があり、朝から晩まで打って、精神(社会に貢献していない空虚感)や肉体(10時間以上椅子に座っているとなにかと肩こりなどのボロがでてくる)をすり減らしていた時があります(笑)

話が逸れましたが買いと売りの需給で決まる先物取引も、「手数料」分マイナスサムゲームとなり、雑益の範囲を超えたら、20.315%の税金も取られます。損失の繰り越しは3年までと、少し厳しいように思えますが、しっかりとしたリスク管理(損切りなど)ができれば、十分ありなゲームになると思っています。が、レバレッジが効いている為、思わぬ大きな損失になることもありますので注意が必要で、初心者は手を出さないのが賢明です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする