2020年度税制改正大綱 NISAの今後

2020年度税制改正大綱で、少額投資非課税制度NISAが延長になりそうです

金融庁が認めた安全性の高い投資信託限定になりますが、年40万円の投資上限、最長20年間の配当金、売却益が非課税になる「つみたてNISA」は、2037年までで終了の予定でしたが、2042年まで5年間の延長

そして今現在、私も使っている「一般NISA」こちらはややこしくなり

現行は、年120万の投資上限、最長5年間の配当金、売却益の非課税(一般NISAは投資信託はもちろんのこと、上場株式、ETF、REITなども対象)でしたが

2024年以降は、最長5年間の非課税は変わらずですが、まず安全性の高い投資信託20万円積み立てた後、102万の投資額枠を解放する、といった2階建てになりそうとのことです

ん~~~わかりづらい!!!!!

これを機に2022年から(20年間恩恵を受ける為)、つみたてNISAに変更も視野に考えていますが

私、どうも投資信託が苦手でして、なんやかんやいろんな手数料とられますし、投信が含み損になっても責任取るわけでもない。どうせ自己責任なら自分で運用した方が、出た結果に納得できるという考えです

ただ今回の税制改正大綱で、「一般NISA」は、まず20万円安全性の高い投資信託積み立て後のしばりが加わり、その非課税期間が5年しかないことを考えると、投資信託は好みませんが、20年というある程度長い投資期間を味方(長期投資は完全なるプラスサムゲーム)に、「つみたてNISA」に変更はやむなし、というか必然になるのかなと今のところ考えています(まだ確定していないので)

それにしても、個人型確定拠出年金(iDeCo)や、つみたてNISAを勧めて老後に備えさせる動きは、国が年金制度の崩壊を回避できず、「あとは個人でよろしくね」と、間接的にメッセージを送っているようにしか見えないのは私だけでしょうか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする