今年一発目のアメリカ雇用統計

今年一発目のアメリカ雇用統計、製造業の雇用が減少したことが影響し、市場予想を下回り、ニューヨーク市場は軟調推移となりました。ただ前日、最高値更新していたこともあり軽い調整といったところでしょうか

昔は、雇用統計発表後、為替は1円2円、日経先物は100円200円は平気で上下していたので、デイトレーダーの間で雇用統計ナイトなどのイベントがあったみたい、今でもあるのかな?!もちろん今日も最重要指標に間違いはありませんが、ボラティリティーは小さくなりましたね

市場の反応はおもしろいもので、雇用統計が良すぎると、FRBの緩和縮小懸念で下がったり、まあまあ良いと経済堅調ととったり、まあまあ悪いと景気後退か!?悪すぎると緩和期待で上がったり、そして時に素直に反応したりと、その時の相場地合いも絡み合い、いやはや面白いものです(笑)

個人的に、イランや北朝鮮の地政学リスクを楽観視しすぎての上昇と考えているので、日経先物売りで様子見しています

連休明け、雇用統計を終えての日本市場の反応は注目です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする