激強日経平均! 上昇相場いつまで!?

良くない街角景況感、コロナ第二波懸念、米中摩擦、米国内デモ、などなど懸念材料あるものの、強い日経平均!上昇相場が続いており、あれよあれよ暴落前の水準にあと1,000円ほどにまで回復してきました

レンジブレイクしたら、素直に乗っかれば良いだけの話でしたが、個人的な相場観は下目線でしたので、日経先物「売り」で担がれ焼かれた次第です(笑)

日本人の個人投資家は「逆張り」の方がほとんどなので、痛い目に遭われた方も少なくないのではないでしょうか?!

それはそうと、上昇相場もいつかは終わるものです。とくにスピード違反の上げの天井はポキッと崩れ、乱高下しがちになります

2018年10月も、今と似た感じ。レンジブレイクからスピード違反の上昇、天井付近で明らかに「おかしい値動き」をしだしてからの下落

直近の日経、6月3日、4日は「おかしい値動き」に近いものを感じていましたが、5日の後場からの上昇で否定され、さらにアメリカ雇用統計も良好で、日経先物は23,160円で戻ってきており、順当にいけば週明けはマドを開けての上昇になりそうですが、そろそろ短期天井の香りが漂いだしていると個人的に考えています

今週はメジャーSQや、FOMC、パウエル議長会見など、相場を大きく動かすかもしれないイベントが多々あるので注目です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする