迫る 同一労働同一賃金

大企業では、2020年の4月から

中小企業は、2021年の4月から

いわゆる、同一労働同一賃金がはじまります

以前にも触れましたが、私、量産型ザクのような仕事(1年従事すればコンプリートできる)をしています

一応正社員として働いているので、私サイドからすると、正社員特権が剥がされ労働条件が悪くなるイメージ

ただ、派遣社員やアルバイトさんサイドからすると、ほぼ同じ仕事をしているんだから当然!っと思っているだろうし、同じ立場だったら私もそう思うはずなのは否めないところ

ざっくりと規定を見てみましたが

労働者は労働条件やどのように評価をするのかなどの説明機会を請求できる権利を持つことができるようで

企業側は、しっかり対応を強化しなさいといったところですが、今のところ守らなかったとしても罰則規定などはないようです

ちなみに私は人事異動があるので、均衡待遇規定により、バイトさんとの決定的な違いがあるのかな、といった感じですが、会社側の対応は注視したいところ

まあいずれにせよ、こういうのを皮切りに、だれでもできるような仕事の単価はどんどん下がっていくんでしょうね

これからは本当に「個」のスキルがものをいう時代ですし

収入が会社のサラリー1つという、会社の一点買いはリスク高すぎと考えます!

私、配当金収入で不労所得が多少なりともありますが、スズメの涙ほどしかないので、収益の多角化をどんどん進めていきたいところです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする