30・40代の23%が「貯蓄ゼロ」

SMBCコンシューマーファイナンスの調査で明らかになりましたが

2019年時点、30代・40代の貯蓄額「貯蓄ゼロ」の人が、23%もいるそうです。

みなさん、どう思いましたか!?

私は正直、びっくり通り過ぎてフリーズしました。

30代・40代ですと、所帯を持つ人が増えるので、持ち家を買うなどの頭金で貯蓄を使い果たしたのか…  あくまで推測の域ですが、そうであっても「貯蓄ゼロ」はさすがにまずいですよね…(ただ明確な目標があってがんばっている方は除きます)

他方で、貯蓄1,000万超が9.8%いるそうで、格差の広がりが顕著です。

ちなみに、「貯蓄ゼロ」の割合、2018年は17%だったらしく1年で6%増えたようです。

貯蓄を切り崩さないと、やっていけないということなのでしょうか!?

三井住友系の調査結果なので信憑性はありそうですし、日本のきびしい現状を反映した調査結果でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする